NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

国内初のホームスクーラーの為の学校(アンブレラスクール)がOPEN!|YES International School東京校

お久しぶりのブログ更新です。

いつも「ブログ読んでます」と誰かに言われる度に更新していない後ろめたさに苛まれていましたが(笑)
これでまた1か月くらい解放される!(違

 

さて、アメリカでは全州で合法化されているホームスクールですが、その教育実態の管理や把握を州によってはアンブレラスクールという学校に任せています。
このアンブレラスクールとは、ホームスクールの子ども達が政府の基準に則った教育を受けているかを監督する学校であり、言わばホームスクーラーの為の学校です。

 

日本にはまだありません。

 

が!!!!

その国内初のアンブレラスクールを目指して、明日2018年5月16日、YES International School東京校がOPENします!

f:id:kitamotakako:20180515225237p:plain

 

そして、YES東京校は、NPO法人 日本ホームスクール支援協会の認定校にもなりました。

homeschool.ne.jp

 

ホームスクーラーの我が子たちもYES東京校に通うようになります。

学校とは言え、主役はホームスクール
親と一緒に過ごし一緒に学びます。
他のホームスクーラーとも交流しながら自分の好きなプロジェクトに着手しながら、必要であれば教科学習も習得できます。

 

毎日いなければいけないという強制もないし、
何時から何時はいなければいけないという拘束もありません。

 

ここに集う子どもたちの学習は、自由であり、主体的であり、そして何より楽しいのです。

f:id:kitamotakako:20180515225708p:plain


私が経営する会社内で「みらいの学校」という教育事業を行っています。

もともと教育イベントから出発した事業ですが、2014年のイベントが終了した後から「Learning Port」という構想をずっと持っていました。

 

これは、学びや学び場のシェアです。
学び場は港となり、子ども達は様々な港を渡り歩き多くの経験を積む冒険者だというイメージです。

 

当時から色んな人に学びのシェアや流動、自由についての重要性を伝えてきましたが、なかなか理解してくれる人も少ないのです。

 

私がこのYES東京校にホームスクーラーとして、またNPO法人日本ホームスクール支援協会の理事として関わらせていただくようになった時、ここの校長でもあるサイエンス作家の竹内薫さんが、こんな風にこの東京校のコンセプトを私に伝えてくださいました。


「人生を長い航海とするならば、何をどんな風に学ぶかは、船出のようなもの。でも、やみくもに海に出ても迷ってしまいます。
多彩なプロと触れ合うことで、人生の羅針盤(コンパス)の方向を定める。
YES Homeschool×PROは、そんな旅の出発点でありたい。」

 

 

と!!!!!

 

まさに!!!

私がずっと思い描いていた「Learning Port」の思想とがっちりはまりました。

 

※YES Himeschool×PROとは、YES International School東京校で行われる才能発掘プロジェクトのことです。

 

とても大切な、大きな教育思考が一致したことは、私がこのYES東京校に関わる大きな動機となりました。

ホームスクールを主体としながら、場を持って和を作り、プロジェクトベースで専門家と繋がりながら多くの学習を可能にするこのYES東京校は、日本のホームスクールの要になっていくのではないかと思っています。

 

現在CAMPFIREファンクラブでも賛同者を募っています。

f:id:kitamotakako:20180515231809j:plain
https://camp-fire.jp/projects/view/73140

これから始まる新しい生活に、今は子ども達も胸躍らせています。

 

さて、明日がいよいよ開校です!

 

楽しみだな(*'▽')♪