NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

息子の世界観がすごかった|ホームスクールでRPG作りプロジェクト

RPGプロジェクト舞台設定を考える

 

9月に入ってからスタートしたRPGプロジェクト。

 

10歳の息子と一緒にホームスクールでガチでゲームを作るという、

 

とんでもなく無謀なプロジェクトを進行中です。笑

 

 

 

過去記事はこちらから

RPGづくり カテゴリーの記事一覧 - 徒然なるママ日記|北本貴子ブログ

 

 

 

 

 

いやー・・始めてみたものの・・

 

 

 

 

 

 

これ・・

 

 

 

 

 

 

何年かかるんだろう( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

ゲーム作るのって本当にすごいことなんだなと実感。

 

 

 

 

ゲーム会社ってすごい!

 

 

世界中のゲームクリエーターをリスペクト !

 

 

 

堀井雄二は神!

 

 

 

ドラクエって細かいところまで気が使われていて技術も使われていて本当にすごい作品なんだなって実感します・・

 

 

 

 

さてさて、我が家のプロジェクトはドラクエにどこまで追いつけるのか?

 

 

 

息子はドラクエを超える気でいますが|д゚)

 

 

 

 無謀なことに真剣に挑戦してこその「挑戦することに意味がある」なのかもしれない。

 

 

 

さて、先日のブログで書いたように、役割分担と大まかなテーマやターゲットは決定したのでこれからステージの内容を詰めていきます。

 

 

 

まず、どんな世界観で作ろうか?

 

と話したところ・・

 

 

 

すでに決まっている と。

 

 

 

息子曰く、今回の舞台は・・

様々な特質のある世界(7つの世界)が組み合わさって成り立っている星

 

・・らしいです。

 

 

 

 その7つの世界とは

・草と地
・森と水
・鉄と電気
・氷と水
・炎と地
・毒と風
・空と風

この7つの世界は世界として完全に分離されていて、
主人公が旅を続ける中で交流が出来るようになる仕組みにしたいと。

 

そしてそれぞれの世界の特質を生かしたクエストやモンスターを発生させる。

 

その為に元素+化学式も再度学ぼうと思います。

 

 

 

 

イメージとして、彼の作った世界観を私がイラレでまとめました。

 

f:id:kitamotakako:20170917111716j:plain

 

こんな感じ?

 

一番初めのステージは「草と地」です。

 

 

草と地のステージから原案を作っています。

 

 

 

続く。

 

 

 

 

kitatakako.hateblo.jp