NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

子どもの描く絵が黒だからって精神状態心配するのが嫌だというお話

子どもの絵で心がのぞける?

 

 

私もママなので使っているSNSでは結構ママ読者向けの記事が回ってくるのですが、その中で、子どもが絵で使う色を見れば子どものメンタル状態が分かる的なことが書かれた記事が回ってきまして・・

 

 

 

そしてその記事の関連で、

「わかる!知り合いの子はお母さんの絵を服とか真っ黒で表現するんだよね。ちょっと病んでるんじゃないのかなー心配ー」

みたいなコメント(原文からちょっと言い回し編集)を見まして・・

 

 

 

 

 

 

な に そ れ ( ゚Д゚)

 

 

と思ったわけです。

 

 

 

 

 

余計なお世話じゃない?

 

 

と。

 

 

 

 

色彩心理学の先生とか専門家の方は別として、一般の人がとやかく子どもの絵に対して「メンタル心配」的な発言って嫌だな~とすごく思うのです。

 

 

確かに子どもは素直で分かりやすいから、
子どもの描く絵がありのままの心の描写っていう意見もわからなくはないのだけど、

 

 

絵1枚でそのままメンタルを分析しようとする行為がなんか気持ち悪いなって思うんですよね。

 

 

うちの長女が、変な絵ばかり描く子だったので、言われたこともあるのですけど、

「子どもの絵見ただけでメンタルなんて分からなくない?」というと「紛争地域の子の絵とかやばいから一概には言えない」みたいなこと言われたことがあるのですが・・

 

 

紛争地域で育った子どもが絵を描く意味知ってます?

 

 

そういう子達の描く絵の中には確かに残酷なシーンが描かれていたりするんですけど、

 

そこから悲しみや苦しみや悔しさや、そういったものを見た人に感じとらせて見世物のように扱われている場面も見たことがありますけど、

 

 

 

あの子達の絵は、

 

 

「こんな苦しい思いをした子の描く絵はこんなに残酷な絵なのよ。子どもの心理ってこんなに絵に出るのよ。」

 

 

という見世物なのではなく、

 

 

あの子達が、

絵を描くことで、自分の心理と向き合い現実を受け止め乗り越えていくという面があるわけです。

 

 

それは子ども達の状況と背景を判断して心理状態が紹介されたりしている絵なわけです。そしてそれは支援団体や専門家が行っているもので子ども達が今後乗り越えて生きていくための支援には必要なのだと、私は直接伺ったことがあります。

 

 

 

冒頭のコメントに戻るんですけど、

 

子どもがお母さんの絵を黒く書くことについてのメンタルがどーのこーのは、親子関係の事実を踏まえて専門家の人が子どもとの対話の中で判断されるべきであって、周りが色メガネで見て意見することじゃないと思うんですよね。

 

 

そして、私は、

 

色彩心理って受け手側の心理のことで、

表現者の心理描写ではないんじゃないの?

 

と、思っています。

 

 

私自身、デザインの仕事もしているので、色彩心理もちょっとかじったのですが、
そのほとんどは、この色を使うとどう相手が感じるか、どのような印象を受けるか、を判断するものです。

 

この商品のチラシをターゲット層に「優しくエレガントな印象に見せたい!」とすればこの色とこの色を組み合わせればいい、というような内容で、そのデザインを作る私が「優しくてエレガント」なわけではないのです。

 

 

そのチラシを手に取った人が「このチラシを作った人は優しくてエレガントな人に違いない」と思ったらしてやったりですけど、残念ながら、悲しいかな、全く違うのです。

 

 

 

だから、いつだったかtwitterで見かけた

「エロ漫画を描く人間は実際の性犯罪者!」という規制派の理屈を使うと、さいとうたかを先生はテロリストで、水木しげる先生は妖怪で、やなせたかし先生はパンということになってしまう。

 

こんな意見も私はとてもうなずけるんですよね。

 

 

 

デザインでお母さんを表現するときは寒色系より暖色系の方が良いというのと、

子供が描くお母さんの絵は寒色系より暖色系の方が良いというのは、

 

 

全然別の話です。

 

色は、受け手側の心理が最も影響されるものであり
表現者側の心理として絵だけ見て判断するのは乱暴だと私は思っています。

 

 

 

 

 

長々と書きましたが、

 

 

子どもの描く絵が黒だからって

すぐに精神状態を心配するのが嫌だというお話でした。

 

 

本日の徒然日記おしまい。

 

 

 

ーおまけー