NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

算数好きの小学生が楽しめる魔方陣あそび。但し私は超苦戦。|ホームスクール

数学も物理もテンで駄目な私のもとに、プログラミング好きな息子が生まれてしまった。

 

「ゲーム作れるようになりたい!ママ教えて!」

 

えっと・・・・

 

「プログラミングやりたい!ママ教えて!」

 

うーん・・・・

 

と、何も力になれなかった私。

 

本人も自分で学べる範囲で頑張ってはいたけど限度がある。

 

だからこそ「先生」を頼って、色んな方に様々な手段で学びの機会をいただいてきました。

 

 

 

いま、息子にプログラミングを教えてくださっているのはYES International Schoolさんの授業外授業で、物理学者の田森先生に教えていただいてます。

 

昨日も授業をしていただきましたが、先生がおっしゃるには「基礎的なプログラミングは一通り教えたが、息子の数学や物理に対する理解力がまだまだそれを駆使するには及ばず、それらに足が引っ張られてしまうだろう」と。

 

どのようにそっちを伸ばしていくか・・ということを話し合いました。

 

(いや、ほんとに、、こんなに息子の為に色々と考えてくださってありがたいです。恐縮です)

 

とはいえ、私もプログラミング知識が乏しい。

ましてや数学物理もちんぷんかんぷん。

 

 

田森先生は子どもの頃どのように学習していったのかと伺うと、

 

例えば「魔方陣がとけなくてひたすら解けるまで取り組んでいる少年だった」ということを伺ったんです。

 

ドリルや参考書などの公式をひたすら覚えてひたすら問題を解くのではなく、難題に挑むことで様々な方法を探り、覚えていったようなのです。

 

 

ということで本日のホームスクールは魔方陣に挑戦してみることに!!

 

 

方陣ってなんですか?

 

魔法陣とはこういうやつです。

f:id:kitamotakako:20170907141128j:plain

マスに数字を当てはめて、縦・横・斜め、足した合計が同じようになる方陣デス。

 

× 魔法陣

◎魔方陣

 

 ですよ。

 

魔法陣の方はこういうやつね。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSvA--mOrlEwY3APYmOUy2t9I4zjcjkZ88V-qX-nt8e8kfHV-6kauhnHj0

悪魔とか召喚できそうなやつが魔法陣です。

 

いやー・・ただ・・

この世には六芒星方陣というのもあるらしいので区別が難しいですね!(むずかしくない)

https://stat.ameba.jp/user_images/20130702/11/hitorinomeaki/fd/01/j/t02200191_0495043012595817254.jpg

 

 

なぜか我が家は3×3の魔方陣という超初歩をすっ飛ばして、

 

4×4の魔方陣に挑戦しました。

 

レッツトライ!

※このブログでは挑戦したことを書いているだけで、正確なヒントは書いていないので、魔方陣の解き方を知りたい人は別でググってください。

 

① まず4×4の空欄のマスを用意します。

f:id:kitamotakako:20170907142621j:plain

 

②さて、ここにマスは何マスあるでしょう?

単純に4×4で16マスですね。
掛け算習ってない1年生なら普通に数えてみてね。

 

③1~16の数字を用意しましょう。

16マスなので1~16。これが5×5で25マスだったら1~25の数字を用意する。

1,2,3,4,5,6,7,8、
9、10、11、12、13、14、15,16

 

④この数字をマスに埋めていく。

 

縦・横・斜め4個の数の和が34になるように数字を埋めます。

のですが・・・

 

これが激ムズ。

 

初めて手を付ける私達には・・

 

何からすればいいの?( ゚Д゚)状態。

 

 

なので、

 

そこは、

 

とりあえず・・・・

 

 

 

適当に入れてみる作戦。

 

 

適当に入れた数字を計算して、超地道に変更していく作戦。

 

 

これは・・・終わらなそう・・・

 

しかもめんどくさい。

 

 

実際、末娘の諦めの速さが尋常じゃなかったです。

 

 

 

そこで、

 

よし、じゃあ、計算してみよう。

 

 

と計算を試みる私。

 

 

しかしながら、

 

何をどう計算していいのかわからない。

 

とりあえず、なんで和が34になるのかを式にしてみることに。

 

 

まず、

1~16の16個の数字の和は、

1+2+3+4+………+14+15+16

=(1+16)+(2+15)+(3+14)+……+(8+9)

=17×8=136

になりますね。

 

で、縦・横・斜め4個の数の和は136÷4=34

 

になります。

 

 

和が34になるところまでは分かりました。

 

というか、

 

ここまでは

 

わかってました。

 

 

抑えきれない振出しに戻った感。

 

 

いやいや、中身を知ることが大切!

 

 

その次が大事なわけです。

 

 

 

17×8=136

136÷4=34

 

 

よし、

 

 

そんで、

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

で?

 

 

この先どうしたらいいの?( ゚Д゚)

 

 

 

自分の数学センスの無さに失望です。

 

 

ということで、地道作戦に戻ることに。

 

 

 

私も子ども達も今日の午前中だけでは完成できず。

 

 

私だけこっそり、ググって回答を見てみることに|д゚)

 

 

そうしたら、

 

なんと、

 

 

 

ただ、対角線を入れ替えるだけという超絶簡単な方法が載っていました。

>>魔方陣の解き方

 

 

いやー3分で解ける方法があったとは。

 

 

他にも「魔方陣 解き方」で調べると、計算方法だったり考え方だったり色々載っています。

 

 

まだ息子には解き方を教えていないので、

彼には解けるまで頑張ってもらおうと思っております(*'▽')

 

 

 

10×10とか、もう未知の世界だわ・・・

 

 

この本を買おうか、本気で悩み中。
一問も解けない気がしてならない。

 

 

Amazon Ad)

 

数の不思議:魔方陣・ゼロ・ゲマトリア (アルケミスト双書)

数の不思議:魔方陣・ゼロ・ゲマトリア (アルケミスト双書)

 
検定クイズ100 算数パズル (ポケットポプラディア)

検定クイズ100 算数パズル (ポケットポプラディア)

 
素数と魔方陣

素数と魔方陣

 

 

関連) 

kitatakako.hateblo.jp

kitatakako.hateblo.jp