NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

手作り漢字の学習|ホームスクール

小学1年生のホームスクールの漢字学習

アンスクーリング(子どもの主体性に任せ基本カリキュラムなどは用いらないホームスクールのスタイル)で育っている末娘ですが、「漢字を勉強したい」とのこと。

 

本屋さんでドリルなんかも色々と拝見しましたが・・

 

娘が楽しめそうなものは見つけられませんでした。

 

うんこドリルは嫌なんだそうです。
「きたない・・やだ・・」言ってました( ゚Д゚)

 

ということで、

 

ママはデザイナーだし!!

 

作っちゃえ!!

 

ということで、漢字学習用のドリルをイラレで自作しました!

 

 

twitterでも少し紹介したんですけど、blogでもちょっとお披露目。

 

こちらは「花」という漢字。

 

f:id:kitamotakako:20170905184841j:plain

見てわかると思うのですけど、一人で黙々とやるタイプのドリルではないです。

必ず私がいる時に一緒にやります。

 

国語辞書や漢字辞書で調べることも今はしません。

一緒に語り合いながら「こんな言葉もあるよね」とか言いながら、その言葉から話題を広げながらひとつの漢字で親子の時間を楽しみます。

 

そして、詩を詠んだりお話を作ったり、

絵を描いたりすることが大好きな娘に、どの漢字にもこのページが付きます↓

f:id:kitamotakako:20170905185514j:plain

 

びっくりするくらい可愛いお話を作ってくれます。

 

先日学んだ「草」では

f:id:kitamotakako:20170905203610j:plain

 

 

裏のお話を作る部分で、彼女はこんなお話を書きました。

 

「わたしはがっこうのかえりに

ゆらゆらゆれる草をみた。

その草のことを

わたしは

うたっておどっているみたいにみえた。

わたしはそれをみてたら

うたいたくなった。」

 

・・・がっこう、行ってないんですけどねwww

 

可愛い可愛いランドセル背負っている絵も描いてくれました。

 

 

 

今後、どんな漢字を学ぶかも、とりあえず半分くらいまで、

こうやって図にしてみました。

f:id:kitamotakako:20170905204550j:plain

 

これ、1年生で習う漢字の半分くらいかな。

 

こうやって私も楽しみながら漢字学習していきます。

 

そして確認テストもしません。

 

覚えられなくてもいいの。

 

触れることが大事かなと思ってます。

 

きっかけづくり。

 

種をまくようなことです。

 

さて今夜、ママはイラレで「学」ドリルを作ります。

 

 

 

ちなみに、部首かるたも楽しいよ。