NPO法人日本ホームスクール支援協会理事、教育事業「みらいの学校」代表の北本の個人ブログ

教育について書くブログ

ホームスクールのこと 教育のこと デザインのこと 雑記

ずっとやりたかった旅教育に挑戦|ホームスクール

ずっと子ども達に経験させたかった旅教育

私が運営している教育イベントで友人の小林希ちゃんが登壇してくれた時にお話してくれた「旅教育」という魅力的な教育。

旅を通して様々なことを子供たち自身が経験して学んでいく。

この旅教育について話を聞いたのは3年以上前だったんだけど、その頃からずっと私も母親として挑戦したかった。

世界中を旅している小林希ちゃんが言っていた旅教育と同じようには出来ないと思ったので、我が家なりの「旅」をテーマにした旅教育をしようと思いました。

息子に提案したミッション

旅に出るのは3人。
私と息子(10)と末娘(6)


今回のミッションは3つ。
1)パパに旅の資金をもらう
2)その予算の中で宿や交通手段を決める
3)現地で何がしたいのか、調べながら決める

そして、ママからひとつだけ縛りをつけました。
全部民宿にしよう」ということ。

 

1)パパに旅の資金をもらう

今回は3泊4日。

交通費も食費も宿代も含めて3人で15万の予算をパパからもらいました。

お土産もちょっとした観光も全てこの予算内で収めること。

3泊4日を一人当たりを交通費込みで5万以内というのは、私の印象では結構キツキツな旅になるなと思ったんだけどバックパッカーの方たちに聞くと「余裕の資金」らしいです(笑)


2)その予算の中で宿や交通手段を決める

息子が旅の目的地に選んだのは「島」
テレビなどで観たあの猫がたくさんいる島に行きたいと。そしてその島にプラスして以前行ったことのある讃岐広島にも行きたいと。

「じゃあ、瀬戸内海を周ろう!」ということになり、今回は瀬戸内海の島をめぐる島旅となりました。

今回なによりも、交通手段を決める時に息子の成長をかなり感じました。

高いところが嫌いな息子・・

だから今までは絶対、どんな時も飛行機は嫌だと言って交通手段には選んでいたなかったんで。怖がりで、臆病なので、「墜落するかもしれない(T_T)」と。笑

 

でも今回、新幹線と飛行機を比較してみたら、どう考えても「飛行機がいいよね」と本人も納得。

かかる時間もお金も倍額違うのです(笑)

飛行機に乗る直前まで「車の方が事故が多い・・日に○○件の交通事故がある。それに比べて飛行機はこの数年間で・・」と飛行機で事故に遭う確率を理論立てて自分を励ましていました(笑)(宿については次のブログで書きます。)

 

3)現地で何がしたいのか調べながら決める

今回、これが一番大変でした。
何でかと言うと、何もない島だから(笑)

本当に山と海と猫しかない。時々、芸術作品。(瀬戸内はアートの島)

そんな中でもここを見てみようとか、ここに行ってみようとか、色々調べて頑張って決めてくれました。でも、結局、現地で現地の人に「あそこ行ってみな~」といわれたところに行ったんですけどね(笑)

 

そんな我が家の旅教育、ブログで書いていきます。